<$BlogTitle ESCAPE$>

  • 24時間ランキング
  • 週間ランキング
  • 月間ランキング

【欅坂46】今泉佑唯、休養発表から1年経った今の気持ちをブログに綴る

あのとき|今泉佑唯

2018.44

 


こんばんは ✩︎⡱

 

 

去年のちょうどこの日に休養することが決まったのをふと思い出しました。

 

 

公式で発表されたのはもう少し後ですけどね、、!

 

 

 

 

 

大きな決断をした日

 

 

 

 

 

たくさんのものを失うことを覚悟した日

 

 

 

きっとこれから先もずっと忘れられない
…忘れることができない日です

 

 

 

まだ自分の中では

 

いつあのときの体調に戻ってしまうか分からないという恐怖感と戦っています

 

 

 

今年は無事にライブを迎えられそうで安心しています。✨

 

 

 

楽しもうね!!

引用元(欅坂46 今泉佑唯 公式ブログ)から引用しています。

228: 名無しのまとめラボ 2018/04/04(水) 02:49:22.09 ID:n7OSA7Cv0
ずみブロ…

 

195: 名無しのまとめラボ 2018/04/04(水) 02:27:56.83 ID:XbRh+U0ea
今泉、怖いこと言うなよ・・・

 

167: 名無しのまとめラボ 2018/04/03(火) 22:14:56.50 ID:bG4E3zHx0
休養から1年かあ
休養発表後は不安でたまらなかったわ

 

170: 名無しのまとめラボ 2018/04/04(水) 01:40:29.20 ID:iHXZVJjCd
ずーみん休養してから欅一切見なくなった期間辛かったわ
復帰告知すら2週間遅れで耳にしたし
今は本当に元気そうで嬉しい

 

173: 名無しのまとめラボ 2018/04/04(水) 11:17:44.13 ID:1qUVjnb800404
まだ不安か…そりゃそうだよな。
去年の今頃を考えたら、よくここまで戻ってきてくれたと思うよ。

引用元:https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/keyakizaka46/1522766496/

引用元:https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/keyakizaka46/1521790310/

Twitterの反応

もう1年かあ
本番前の練習の中でゆいぽんと意見が噛み合わないことがあったて1年前のブログにあったね アニラの時は休養がもう決まってたわけだし雑誌とかでもあれが最後だったかもしれないてゆってたしその時のブログを読み返してみてもこうあったし。
ずーみんが戻ってきてくれて、本当によかった

ずーみんのブログ読みました!今日が休養を決断した人は知らなかった。辛かったとは思うけど本当に復帰できて良かったと思う!これからも応援し続けるね!お互い頑張ろう!

ずーみんのブログ、トークで去年の休養の事を話されているけど、あの時の驚きと悲しみを今でも忘れてません。
最近は休養していた事を忘れられるような活躍を見せているけど、これからも無理はせず、ずーみんのペースで頑張ってください。
今泉 佑唯 公式ブログ | 欅坂46公式サイト
そうか。もうすぐ一年になるのか。ずーみんの帰りを待っていた日々。帰ってくると信じてたけど、最悪の事態も考えた。今はずーみんの笑顔が見られることが本当に幸せです
ずーみんの休養からもう1年経つのか。
あの時はただただびっくりして大丈夫かなとか思ってたけど今のずーみんとか握手会のずーみん見てると安心できる
なんて思いながら去年のブログ読んだらグッとくるものあった
あとの思いは胸にしまって全握で全部話すことにしよ
ずーみんのブログの気持ちすごくわかる。どん底に落ちたことあるからそこにらまた落ちることへの恐怖感はある。でも、ずーみんは少しずつでも生活を元に戻してることを自信に持ってほしい。小さなことを自信に変えられることは自分を救ってくれるはず。
ずーみんの休養が決まってほぼ一年前かぁ…
まさか休養するってテレビとか見て思わなかったし、(そう感じさせないようにさせていたんろうけど)もしやめちゃったらとか考えちゃってたけど、今こうして元気に活動してるから体調に気をつけてこれからも頑張って欲しい!!

コメント

  1. 名無しのまとめラボ 2018年4月4日 15:47 ID: M1NjAyNDM

    モデルプレスの記事がひどすぎる。現状への恐怖明かすって…
    これじゃ、今のずーみんのおかれている環境に恐怖感を持っているように読まれてしまう。
    全然違う!ただただ、体調が再び悪くなることに対する恐怖感を述べただけなのに。

    返信する

 コメントする

アンチコメントには反応しないでください

名前

コメント



このページのトップヘ